心理的安全性が必要とされる理由

nikopun

こんなこと、ありませんか?

「何か意見はありませんか?」
ミーティングで投げかけてもだれも何も答えない。
「他に何か言っておきたいことはある?」
対話の最後にメンバーに投げかけても、ないと答える。
 
本当に意見がないのだろうか? 
それとも…
心理的安全性とは
ハーバード大学のエイミー・エドモンドソン教授が1999年に提唱したもので、心理学用語「psychological safety」を和訳したものです。
一言でいうと、「全員が誰に対して、何を言っても大丈夫と安心して意見などを出せる状態のこと」。
つまり、心理的安全性の高めるということは、「自由に意見交換などをすることが当たり前」という組織風土を醸成することとも言えます。

Pick up Thema

心理的安全性がチームに与える影響を考える

組織力の発揮ってどうやるの?

1on1ミーティングを活用してエンゲージメントを向上させる

Column

信頼関係を築く「対話」

あるマンションデベロッパーの役員の方にインタビューより。 「大事にしてほしいのは、対話。これは、お客様とも社員と販売員の間でも必要。対話を経て、お客様とも従業員とも信頼関係が生まれる」 「対話力」を考える。

Pick up Theme : 安全文化の醸成

安全文化ガイドブックのご紹介

安全推進ご責任者のみなさまへ
ヒューマンエラーや不安全行動などに影響のある「安全文化」について解説します。
安全対策を考える上でご活用いただけます!

安全文化の醸成プログラムのご紹介

事故災害を減らすために「KY」「安全教育」など多くの組織で対策を講じてこられていると思います。
そして、一定の効果は出るものの望んだ効果までは…、というようなお話をよくお伺いします。
「安全文化の醸成」は無事故体質につながり、ヒューマンエラーの防止などの効果があります。

ヒューマンエラーはなぜなくならないのか?

事故災害ゼロを目指して設備を整え、ルールを作り、教育をしているにもかかわらず、ヒューマンエラーが減らない。その原因はさまざまだが、自組織に最適な手を打たないと、ヒューマンエラーは減らない。したがってヒューマンエラーの根本原因となる「人の考え方」と「組織風土」を変えるセオリーを紹介する。

Seminar Schedule

Coming Soon

Content Creator

~お役立ちコンテンツ・知見と経験~
知見と経験では実際のインストラクターが作成したコンテンツをもとに情報を提供させていただいております。

業種を問わずマネジメント革新支援コンサルティングを得意とする。

「熱い心の交流で、人と組織へお役立ち」

「人ぞれぞれの強みを活かし、その人らしく輝ける組織人づくり」

「一人ひとりが行動理論改革を通じ、組織で新たな価値を創造する」

自分の心に火をつけ、常に意欲的に行動する「自燃型の人財づくり

About Us
会社情報

 

会社名 株式会社ジェック
創業 1964年6月
設立 1966年9月
資本金 27,200万円
代表者 代表取締役社長 葛西 浩平
業務内容 お役立ち道経営への変革支援
  • コンサルティング
  • 研修・トレーニング
  • 診断
  • コンテンツ(eラーニング・情報サイト 等)
拠点 本社:東京(池袋) TEL 03-3986-6365(代)
大阪支社
名古屋営業所
グループ会社 嘉顧企業管理諮詢(上海)有限公司
JECC VIETNAM COMPANY LIMITED
取引銀行 みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行
実績

ご支援企業数:約22,000社(上場企業約450社を含む)
ご受講者数(延べ):約2,638,000名
※企業数には組織・団体を含みます

2021年5月末現在